塾の体験授業に参加して決める

塾の雰囲気が子供に合うか

学校のクラスは生徒自身や親の希望は聞き入れられず学校側の判断で決められます。ときには生徒にとって合わないときもありその時は勉強などが身に入らない問題が出てくるでしょう。一方塾に関しては行くのも自由ですし辞めるのも自由なので一旦入塾して合わなかったら辞めるのも可能です。でも何度も入ったり辞めたりするのは子供のためにも良くなく、できるだけ子供に合うところに入って通わせ続けるのがベストでしょう。塾の中には体験入塾できるところがあり、実際のクラスで授業の体験をしてから入塾するかを決められます。友達になれそうな人がいるかとか講師の授業内容がわかりやすいか、面白いかなどがわかるでしょう。親の判断だけでなく子供の意見も聞きながら決められるのがメリットです。

テキストや授業内容が確認できる

塾に行かせる目的として進学校受験があります。私立中学となると小学校の授業だけでは合格が難しいときもあるので、進学実績のある塾から適切なところを選ばなくてはいけません。選ぶときに子供に行かせると良いのが体験授業で、これによってその塾で使っているテキストや授業内容が確認できます。これから受験勉強を始める子にとっては塾のテキストや授業は難しく感じるかもしれません。塾の中にはとにかく厳しく指導をするところもあれば子供のやる気を引き出して学力アップさせてくれるところもあります。強気な性格の子であれば厳しめの授業をするところの方がやりがいを感じるでしょうし、おとなしい性格であれば少しずつ実力を引き出してくれる授業ならついていけると感じるでしょう。

中学受験を考えていない場合は小学生の塾は必要ないかもしれません。ただ中学以降の勉強の土台を固めたり、付いていけない部分をカバーするというメリットはあります。